読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンボな日々。

自分に「そのままでいいよ」と言えないマンボが言えることを目指して頑張る日々。

白状します。寄り添うフリでした。

マンボな日々。

今朝のこと。

どうも朝からシャキッとしない息子。
新学期の疲れが出てきたようだ。

で、「休みたい」と息子。
「大丈夫?」と私。
で、「早退したい」と息子。
「OK。具合悪かったらいつだって迎えにいってあげるよ。」と私。
「そういうんじゃないんだよ」と納得しない息子。
「じゃあ、連絡帳に
「ちょっと調子が悪いようなので、辛そうでしたら連絡ください」
って書いてあげるよ」と私。
「お昼で早退します、って書いてほしい」と息子。
「それはいいでしょ。
 大丈夫だよ。辛かったらちゃんと迎えにいってあげるから」と私。
「わかった。それでいい」と息子。

という訳で、連絡帳に書くことで納得したかのように思えたのですが
出る前に、またウニウニと。
確かに調子はいまいちなようにも見える。

で、私は気付いた訳です。自分の気持ちに。
というか、認めることにしたんです。とっくに気がついてた自分の気持ちを。

息子の「調子が悪い」という状況が発覚した時
口では「大丈夫?」といいながら、頭の中ではフル回転で

今日したかったことをどうやって守ろうか?
そのためにどうやってこの場乗り切ろうか?

を考えていたことを。

「大丈夫。いつでも迎えにいくよ~」
といいながら、

「いってしまえばこっちもの。まぁ大丈夫でしょう」

と思ってることを。
まぁ実際そうであることが多いんだけど。
でも、それが全面に出てた訳なんだよね。

「いいよ~。いつでもいくよ~」と
どうにでも対応するよ、どうなっても大丈夫だよ、というメッセージを送りながら
選択肢はひとつ、「今日一日頑張ってこい!」だったんだよね。

で、

「お昼で迎えにいくことにしようか?」

安堵の息子がおりました。

本当に調子がいまいちだったんだね。
新学期始まり、はりきってた疲れが出たんだね。

そういえば、私も最近出っぱなしで、
あれこれ後回しとなっていた家での作業がたまっておりました。
そうか、今日はそういう日にしろ、という天からの指示なのかね。

という訳で、出かけるのはやめにし、
先ほどたまったメールチェックが出来、気持ちのよい私がおります。

①今何が起きているのか?
②それに対して自分はどう思っているのか?
③さて、今一番大事にするべきことはなんだ?

このステップ忘れないようにしなきゃなぁ。

大事なことに気がつけ、
たまった作業にも手がつけられ、
ブログも1本書けました。

いいねいいね。今日の私、きっといいね。