読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンボな日々。

自分に「そのままでいいよ」と言えないマンボが言えることを目指して頑張る日々。

絵が好きって言ったことなかった私

今年も12/1より育自の魔法のアドベントカレンダー
始まっています。 みなさん、毎日読んでくれておりますかしら?

アドベントカレンダーは すべてのを開け終わると
クリスマスを迎えるというもの。
育自の魔法のアドベンドカレンダーは
毎日「育自」をテーマにした文章をみ、
すべて読み終わる頃には、何が起こっているのでしょう?
15日目の今日はの担当。
来週の22日担当させてもらうことになっています。
よかったら読んでみてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このブログでもお馴染みの「今日のカナエール」
ポストカード

f:id:s-mambo:20161215084857j:plain

育自カレンダーなどのイラストを描かせて頂き、
NPO法人育自の魔法の中では、すっかり
お絵かき担当となってきている私ですが
何を隠そう、「絵を描くのが好き」と認識したのは2年前でした。

周りに言うと
「え~?」「嘘でしょ??」と笑われるのですが
それまで
自分が絵を描くのが好きって思っていなかったんです。

自分の絵を、自分では気にいっていて
仕事が保育士だったので、仕事上でもうまく使っていたし
プライベートでも、必要であれば描くことはありました。(お手紙のさし絵とか)

それなりに絵が描ける、まぁまぁかわいい絵が描ける
というのが自分の中の認識

「絵描くの好きなんだね~」と言われることがよくあったけど

「え? ん~、好きっていうほどでも」
「まぁ、嫌いではないけど...」
「ん~、たしなむ程度かな?」←よくわからない

と、なんとなく濁していました。

というのも、私の中で、「絵が好き」というのは

・暇さえあれば描いてる人(電車でスケッチとか)
・時間を忘れてず~っと描いてて楽しい人
・小さい頃から好きで、お絵かき教室とか通っちゃってる人
美大とか進んで、お仕事に繋げたいくらい好きな人

などなど、そんなイメージがあったのです。

...私、そこまで好きじゃない。
別に1人でそんなに描きたくない。

で、そんな私が、2年前育自の魔法パート2参加したのです。
育自の魔法パート2は「自分の好きを語る」
自分の好きなものを持っていき、それについて語る。

私はすごく迷いました。

「何を持っていこう??」

私に会ったことがある方は、わかる思いますが
全身自分の「好き」で包まれているような私なので
さぞかし、たくさんの「好き」があり
それこそ、どれ持っていこうか、迷っちゃうのだろう、と想像するかもしれませんが
私の迷いは

 「何を持っていっていいのかわからない!」

「気に入ってる」「こだわってる」「はまってる」はたくさんあるけど
「好き」というものは...ない!


...書き出すと、止まりません。

これは2つに分けることにしましょう。
という訳で、続きは明日

パート2に参加するにあたり
何を持っていったらいいのかわからず、困った私。
さて、どうしたのでしょう?

ではでは、明日また読みにきてくださいませ。

--------------

ちなみに去年のアドベントカレンダーコチラ

電車の中で、ランチの後に、おやつのコーヒーの時に
よかったら読んでみてくださいね~